医療脱毛の隠れ家

医療脱毛をする前に知っておきたい毛周期

毛の成長サイクルは3つに分かれています

毛には成長サイクルがあり、「成長期」「退行期」「休止期」の3つのシーズンに分かれています。これを毛周期といいます。

 

見えている毛は全体の半分以下

毛周期によって一度抜けた毛が活動を休止している期間があり、肌の表面に見えている毛は実は全体の半分もありません。

 

脱毛に効果的な期間は成長期

生えたり抜けたりを繰り返す体毛のサイクルは一般的に2~3か月の段階をふむといわれ、毛の成長期にあわせて、黒い色やメラニン色素に反応する医療レーザーを照射すると脱毛の効果があります。

 

医療脱毛とは、医師の資格があるもの、もしくは医師の監督のもと看護師の資格があるものが行う脱毛のことです。
エステサロンでも「資格のある技術者が施術」と書いてあったりしますが、それらはあくまでも民間の資格です。
そのエステサロン独自のディプロマであったり、美容協会が発行している簡単な研修を受ければ取れるような資格にすぎません。
しかし医療脱毛は、国家資格である医者の資格がないと行なえません。ですから医療脱毛を行う場所は美容外科や脱毛クリニックと呼ばれ、病院という位置づけで、脱毛を医療行為としてとらえています。医療脱毛には、数種類の脱毛方法がありますが、一般的に行われているのは「医療レーザー脱毛」です。これは美容サロンや、エステティックで用いられている「フラッシュ脱毛」と同じ仕組みで、脱毛マシンを使い、光を毛周期に合わせて、複数回照射することによって脱毛していきます。ただし、フラッシュは安全面を考え、誰が施術をしても問題がないようなレベルの光しかでないように設定されていますが、医療レーザーは、高出力で、毛根深部や周りの細胞まで到達する強い光になります。ですから、医学知識が豊富で、肌トラブルにも適切に対処できる医師免許をもっている人にしか、使用が許可されていません。

 

医療脱毛のすごさを知ろう

自己処理不要の状態へ
医療脱毛では、毛根深部や周りにある毛母細胞を完全に破壊することで脱毛の強い効果があります。

 

効果に加えて、スピードも
医療レーザーは肌を広範囲に奥深くまでカバーするので、一回の照射で20%のムダ毛は処理できると言われています。

 

医師が行うので安心
脱毛によって皮膚トラブルなどが万が一あった場合でも医師の監督のもと行われる医療脱毛では安心です。

 

脱毛の仕組みを理解して医療脱毛に取り組みましょう

お肌の表面にある毛は、全体の三分の一ほどで、ほとんどは皮膚の下に隠れていますし、毛を作り出しているのも皮膚の下にある細胞です。 ですから自己処理がいらないような状態、つまり毛が生えてこないようにするには、皮膚の下にある毛根部分にダメージを与えなければなりません。 特に、毛を作り出す細胞である「毛母細胞」や、毛母細胞に栄養素を運ぶ働きをしている「毛乳頭」にアプローチしなければ、表面の毛を除いても数日で新しい毛がでてきてしまいますし、毛根の浅い部分だけにダメージを与えたとしても、ある程度の期間が過ぎると細胞が元気になって、新たに毛を作り出すようになってしまいます。 その点医療脱毛は、強い力の光、深部まで到達するレーザーを使用しているので、毛乳頭にも毛母細胞にもダメージを与え、再生力を奪うように焼き切ることができます。 焼くと聞くと少し怖いかもしれませんが、マシンを使って光を黒い色やメラニンに反応させると、光のエネルギーが熱に変わり、その熱によって毛根深部や、周りにある毛母細胞を完全に破壊するができます。そうして初めて、毛が生えてこないという、皆が望む自己処理不要の状態になります。 エステサロンなどが使用しているフラッシュ脱毛も、同じようにメラニン色素や黒い色に反応するようになっていますが、光の出力が低いので、毛根に、ある程度のダメージを与えることはできても、肝心な毛母細胞や、毛乳頭は元気なままのことが多く、脱毛コース完了後数年したらまたムダ毛が生えてくるということがよくあります。ですから医療脱毛だけが「永久脱毛」という、脱毛コース完了後に再発の可能性が極めて低いことを表す言葉を使うことが許可されています。 この医療脱毛の高い効果は、高出力の医療レーザーによって可能になっている反面、これだけ身体に影響を及ぼす光を用いるのだから、医師など資格ある人のみに使用を限定しているのも納得できますよね。 医療脱毛は、毛を作り出す細胞にまでダメージを与えられるので、毛の再生率が殆どないことに加えて、光の照射回数も少なくてすみます。例えば、医療脱毛なら5回の照射で完了できる所が、美容脱毛だと10回以上照射しないといけないなど、回数にすると倍以上の差があります。これはやはり医療レーザーの破壊力が、サロンで使われているフラッシュ脱毛よりも強いというのが大きな理由になります。医療レーザーは、産毛のような、色も薄く細い毛にもきちんと反応したり、肌を広範囲に奥深くまでカバーするので、一回の照射で20%のムダ毛は処理できると言われています。ですから、大体の人は、5回の施術で満足する結果が得られるようです。期間にすると1年~1年半で全身脱毛も完了できます。

 

 

毎回効率的に脱毛できるので、スピーディーに少ない来院数でツルツルお肌が手に入れられるのが医療脱毛です。

 

人気の医療脱毛クリニック

レジーナクリニック

レジーナクリニックの特徴

「とにかく安く医療脱毛を受けたい」「短期間で脱毛を終わらせたい」と言う方におすすめのクリニックが、レジーナクリニックです。 レジーナクリニックでは全身脱毛(顔とVIOは除く)5回コースが189,000円で受けれます。個人差はありますが、医療脱毛ですので、5回の施術でほとんどの方は自己処理の必要を感じないなくなります。

料金 評価5
脱毛期間 評価5
レジーナクリニックの総評
  • 良心的な値段設定で金額であきらめていた医療脱毛が出来た
  • 平日21時までなので仕事後にも行けて予定が立てやすい
詳細レビューへ公式サイトへ
アリシアクリニック

アリシアクリニックの特徴

知名度で選ぶならアリシアクリニックです。VIO脱毛、腕、脚などのパーツ脱毛から全身脱毛まど多くの脱毛コースが用意されています。医師と患者の信頼関係をスムーズに築くためにアリシアクリニックでは、勧誘を一切行わず、脱毛の仕組みや施術方法、肌別の悩みや解決方法などに焦点を絞って、医療の専門家としてカウンセリングを行っています。

料金 評価5
脱毛期間
アリシアクリニックの総評
  • 無駄な営業トークがなく好感が持てた
  • どこのクリニックでも通えるので、都合に合わせて決められる
詳細レビューへ公式サイトへ
湘南美容外科

湘南美容外科の特徴

整形手術や豊胸などのボディーメイクを含め、幅広い分野の美容医学を手がけている湘南美容外科。脱毛マシンは2種類有り、肌タイプや、毛量毛質によって最適なものを選び、光の量も調整してくれるので、痛みを感じることは少ないと言われています。

料金 評価5
脱毛期間
湘南美容外科の総評
  • カウンセリングをしっかり行ってくれた
  • 部位によってマシンを使い分けてくれたので、痛みが気にならなかった
詳細レビューへ公式サイトへ
リゼクリニック

リゼクリニックの特徴

医師、看護師などスタッフは全て女性のリゼクリニック。やはり相手がプロフェッショナルといっても、裸を見られるのは恥ずかしいですし、脱毛部位もプライべートなパーツを含みますので、異性のスタッフに見られるのは抵抗がありますよね?それに脱毛は女性ならではの悩みで、同性だからこそ共感してもらえると感じる方もおられることでしょう。女性専用なので、そのような心配はいりません。

料金
脱毛期間
リゼクリニックの総評
  • 女性専用で行きやすくリラックスできた
  • カウンセリングや施術が丁寧だった
詳細レビューへ公式サイトへ
ドクター松井

ドクター松井の特徴

ドクター松井は新宿にあるクリニックで、充実したアフターサービスが追加料金ナシで受けれることが魅力です。照射漏れの再施術は完全無料で行ってくれますし、万が一肌トラブルが起きてしまった場合、診察料やお薬代なども一切かかりません。さらにドクター松井では施術後に、硬毛化したり増毛した場合は、コース終了後に1年間無料での照射を保証しています。

料金
脱毛期間
ドクター松井の総評
  • コース自体に期限がなかったので、自分のペースできちんと通うことができた
  • 肌トラブルを起こしやすいという相談にも乗ってもらい安心して施術が受けられた
詳細レビューへ公式サイトへ

医療脱毛は高くて痛いは昔の話

医療脱毛の金額はだんだんと下がってきている
脱毛後の毛の再生率を考えるとコストパフォーマンスが良い
部位や痛みによって最適な脱毛機を使用してくれる

医療脱毛したいけど「値段がネック」「エステと比べて高い」とよく聞きますね。確かに、お得なプランや、破格のキャンペーンを用意している美容脱毛サロンと比べると高額かもしれません。しかし、プロによる脱毛が、女性のエチケットとして受け入れられるようになってきた時代の変化とともに、全体的に脱毛料金が下がってきていますよ。

脱毛器具も改良されてきて、短時間で多くの人を施術できるようになっていたり、照射のためのジェルが不要になってきていることもあります。医療脱毛もその影響を受けていて、以前と比べるとかなりの低価格で用意されています。

 

日本国内の脱毛施術で使用する医療レーザーは6種類あります。一番多く使用されている、照射範囲が広く短時間で効率よく脱毛することができる上に、痛みも少ない「ダイオードレーザー」、皮膚を冷却しながらレーザーを照射するので、痛みが軽減されますし、不快な冷却ジェルを塗布する必要もない「アレキサンドライトレーザー」、色素に吸収されるレーザーの中で、最も波長が長くより深部まで到達する「ロングパレスヤグレーザー」はVIOやひげに使用されます。日焼けした肌にも使用できる「YAGレーザー」、皮膚を伸ばしながらメラニン色素だけを選んで照射するので、レーザー出力が弱くても効果的な脱毛効果を得られる「ライトシェア・デュエット」、皮膚への影響が少ない「G-MAX」の6種類です。こんなにもたくさんの種類があるなんてビックリですよね。全部を持っているクリニックはなかなかないですが、2・3種類用意してあって、自分の肌の状況や、痛みの度合い、脱毛効果に合わせて選べるようなクリニックなら、ストレスも少なく効率的な施術ができるのでおすすめです。

 

痛みに関しては個人差が大きいところですし、施術部位によっても変わってきます。肌が薄いデリケートゾーンやフェイスなどは痛みに敏感です。医師が行う医療脱毛では、痛みが強い場合は相談すると麻酔をしてくれたり光の調節によって痛みの軽減を図ってくれるクリニックも多いです。痛みを軽減する方法もあるということをぜひ知っておいてください。痛みが強い場合にはぜひ相談してみましょう。

 

公式ページはこちら

 

クチコミ情報

金額の面でも医療脱毛にしてよかったです

脱毛サロンに通いたいなとインターネットでいろいろと調べ美容脱毛と医療脱毛と脱毛に種類があることを知りました。やはり気になるのは金額だったので、より安く受けられる美容脱毛が自分の中では有力候補でした。しかしきちんと調べてみると医療脱毛は通う期間も短く回数も少ないなかで持続力の長い脱毛をすることがわかりました。私の家は美容脱毛でも医療脱毛でも通うのに電車を使わなくては通えないところだったので、手間や交通費なども頭に入れて考えると医療脱毛のが結果的にお得に施術が受けられました。自己処理にかける時間も減って脱毛に通ってよかったです。知識を付けるって大事だなと思いました。

痛みの相談に乗ってもらい信頼して脱毛に通えました

敏感肌で痛みにも弱いので脱毛は無理と諦めていましたが、カウンセリングは無料だしちょうどキャンペーンで安くなっているようだったので、カウンセリングだけでもといってみることにしました。肌の悩みや脱毛のことなどいろいろと話しをすることが出来、カウンセリングの時にはテスト照射をしてもらうこともできました。テストでは少し痛みはありましたが、耐えられないほどの痛みではなかったので脱毛に通うことに決めました。

 

美容脱毛と医療脱毛とで悩みましたが、肌に不安があったので医療脱毛にしました。お得なキャンペーンで安く受けられ肌の状態も良いので大変満足しています。