脱毛効果の高い医療脱毛

脱毛効果の高い医療脱毛

脱毛には、クリニックなどで行う「医療脱毛」と、エステティックサロンで行う「美容脱毛」の2種類があるのをご存知ですか?美容脱毛はたくさんの広告があるのでご存知の方も多いと思いますが、医療脱毛はいかがでしょうか?脱毛効果が高く、医師の施術で安心感があるなど、多くのメリットがあるおすすめの脱毛方法なので見ていきましょう。

 

医療脱毛には要国家資格

医療脱毛は、国家資格である医師免許や、医師の監督の下に看護師免許を持っている人のみが行うことができます。医療脱毛では、レーザーの光を照射するという脱毛方法が用いられますが、サロンで使用する光よりも強い医療レーザーなので、それを扱えるのは資格がある人だけになります。つまり、医療脱毛は医療行為になるのです。ですから当然、医師の資格が必要なのです。医療レーザー取扱資格などというものは存在していませんが、医師・看護師の国家資格が必要になります。資格がないと行えない業務というのは、他の様々な職種でも見られますよね。例えば、弁護士や教師など、どんなに知識があっても資格がなければ専門職につくことができません。それぞれの分野の専門と言うのは、後々分かれてきますが、まずその業務に携わるための免許が必要になります。医師免許や看護師免許も、実際の勤務が始まると、内科・外科・美容科など専門的な分野に分かれてはいきますが、まずは医療行為という責任の大きな仕事を果たす上での資格が絶対に必要になります。一方美容脱毛は、研修を受けたエステティシャンが行います。サロンによっては独自の資格制度などを設けていますが、あくまでも民間資格で、簡単な研修で取れるものも多いです。

 

医療脱毛の効果

美容脱毛と比べると、医療脱毛の効果は明らかに強いです。医療レーザーという、毛を作り出す毛母細胞や、毛根の奥深くまで届く光を使っているので、照射回数も少なく、施術期間も短いのに脱毛効果ははるかに高くなります。美容脱毛は、ムダ毛を抑制するという位置づけになりますが、医療脱毛だと生成を防ぐということが可能なのです。ですから、脱毛完了後のムダ毛再生率にも違いが出ます。医療脱毛だと、永久脱毛と言えるほど、後に再度処理をする必要がないと言われています。

 

まとめ

医療脱毛は、国家資格である医師免許や看護師免許を持っている人のみが行うことのできる医療行為です。ですから使用する脱毛マシンもより効果的なものですし、施術者の知識も豊富と言えます。ですから、仕上がりの満足感を求める方は、医療脱毛をおすすめします。