医療脱毛時に重要なアフターケア

医療脱毛時に重要なアフターケア

脱毛施術後のアフターケアはみなさんどうされていますか?医療脱毛はクリニックでするので、スキンケアも医師におまかせで大丈夫だろうと思っていませんか?脱毛効果をあげて、肌トラブルを避けるのに、自分で行うスキンケアは非常に大事な要素になります。ですからこれから施術後の最適なスキンケアの方法を見ていきましょう。

 

施術後のお肌

医療脱毛は、医療レーザーを脱毛範囲に照射して脱毛を行いますが、施術後のお肌は、カラカラに乾燥しています。レーザーの光はメラニンに反応すると熱エネルギーに変わって、毛を作り出す毛母細胞や栄養素を運ぶ毛乳頭にダメージを与えます。つまり、毛を再生する組織を焼き切るので、軽い火傷のような状態になっているのです。脱毛効果をあげるには、毛根の組織を完全に破壊して、二度と生えないようにすることが良いのですが、お肌に取っては負担になります。施術で発生する熱は、肌にある水分も奪ってしまうのです。脱毛サロンで使うフラッシュよりも出力も高い分、施術後に施術個所が熱を持ったり、赤みがでたりすることも多いです。

 

保湿が何より大事

乾燥している肌は、潤してあげるのが一番です。火傷をした時もまずは流水で水分をたしながら冷やしますよね。施術後すぐに、クリニックにある保湿剤やローションでお手入れしましょう。さらに自宅でも、高価なものでなくてもかまわないので、お持ちのボディローションや乳液を使って、こまめに保湿するようにしてあげると、肌コンディションが整ってきて、術後の肌トラブルを回避できますし、バリア機能も上がるのでおすすめです。また、施術後の日焼けにも注意しましょう。施術日には、ぬるま湯で簡単に落とせる低刺激なUVを持参して、露出している部分に塗るなど、敏感になっているお肌を紫外線から守ってあげましょう。軽い火傷と聞くと、とりあえず冷やさないとと思われるかもしれません。たしかに施術後に肌が火照った時など、冷却すると落ち着いてきます。ただ、冷やしすぎると、せっかく熱でダメージを与えた細胞達が回復してきて脱毛効果が薄くなってしまいます。鎮静のために冷やすことは良いことですが、保冷剤ではなく、清潔な濡れタオルで数分のみ冷やすなど、冷やしすぎないように注意しましょう。

 

まとめ

医療脱毛の施術後は、まず保湿が大事であること、冷やし過ぎは脱毛効果を下げてしまうこともあると言うことを考えることができました。施術後の適切なスキンケアを処置を知っておくなら、よりキレイな仕上がりになりますので、コツコツと続けるようにしましょう。