脱毛後の肌は敏感

脱毛後の肌は敏感

医療脱毛をした後は、肌がとても乾燥し、敏感になっています。ですから普段使用している化粧品でも、過敏に反応してしまうこともあります。また施術前も、医療レーザーという強い光を浴びせるわけですから、きちんと潤いのある状態に整えておく必要があります。ですから、医療脱毛前後には刺激の強いケア用品を避けることをおすすめします。

 

合成化学物質を避ける

合成化学物質とは、科学的に作り出した美容成分や香料全般を指し、様々な化粧品で使用されています。もちろん可愛らしい色のクリームはテンションを上げてくれたり、香り付けされたローションはリラックスできると思われる方も多いと思います。ですが、不必要な合成化学物質は肌に負担をかけ、肌荒れの原因になります。ですから、香りなどは天然のエッセンシャルオイルで、色は植物由来の色素で色付けされた製品で楽しむようにしましょう。

 

鉱物油

鉱物油とは、石油から精製されたワセリンやオイルのことです。以前は鉱物油は、シミやくすみの原因とされてきましたが、精製技術が進んだ現代ではそのようなトラブルが減ってきました。しかし施術前後のデリケートな肌にはあまりおすすめできません。なぜなら、鉱物油は肌へ浸透せずに表面を覆ってしまうので、毛穴がつまったり、皮膚呼吸を妨げてしまうからです。さらにキチンと洗い流せていないと、油焼けをおこしてしまう危険もあります。

 

合成界面活性剤

界面活性剤とは、水と油を馴染ませる役目があり、洗剤やスキンケア製品の多くに使用されています。元々体内にも存在しているなくてはならないものですが、化学的に作られた合成界面活性剤には注意が必要です。なぜならお肌の潤いを取り除き、乾燥しやすい状態にしてしまうからです。医療脱毛をしている時は特に保湿ケアは欠かせません。その時に乾燥を促進させてしまう成分の使用は控える方が良いでしょう。特に乳化させる作用で、石けんやボディーシャンプーなどに使用されているので、成分表示を確認してから使用することをおすすめします。そして、天然の界面活性剤を使用している化粧品か、界面活性剤フリーの製品を選びましょう。

 

まとめ

お肌がデリケートになる施術前後は、スキンケア用品・日焼け止め・制汗剤など刺激の強い製品を避けて、お肌に負担をかけないことが大切です。普段大丈夫だからと思わないで、スペシャルケアを心がけましょう。クリニックでおすすめの肌に優しいスキンケアグッズを使用するのもおすすめです。