脱毛すると体毛自体が変わってくる

脱毛すると体毛自体が変わってくる

美容脱毛でも医療脱毛でも、完了するまでにある程度の期間が必要で、何回か照射を繰り返す必要があることはみなさんご存知だと思います。でもやっぱり毎回の施術後、どのように処理した毛が抜けるのか気になりますよね。ですからこれから脱毛後の体毛の変化を見ていきましょう。

 

毛が抜けるタイミング

まず最初のタイミングについてみてみましょう。施術後直ぐに起こるポップアップと呼ばれる現象で、毛穴から飛び出すように焼けて縮れた状態の毛が抜け落ちます。照射前に塗ったジェルや、アフターケアとして塗った鎮静ローション拭き取る時などに、一緒についてくるのです。毛が抜けたと言うことは、毛根が再生に必要な栄養素を蓄えている毛乳頭から抜け落ちたことになるので、施術が成功したという判断にもなります。先ほど見たように、黒い所に光やレーザーの熱が集まるので、毛が太く濃い部位ほどこの現象が起きます。逆に毛が細いパーツはこのポップアップ現象ではなく、次のタイミングで抜けることが多いです。
2回目のタイミングは、1週間~3週間後です。施術直後のタイミングで抜けなかった毛は、伸びているように感じるかもしれませんが、数週間すると、服にこすれたり身体を洗ったりした時にいつの間にか抜け落ちています。足や腕の毛などは、光やレーザーが届いてはいるのですが、飛び出すほどのエネルギーではないので、徐々に毛穴から押し出されて抜け落ちます。この押し出していることを伸びていると感じることもありますが、成長ではなく後退しているので心配なさらないで下さい。

 

まとめ

脱毛後にどのように変化しておくのかを知っておくなら、ムダな心配をする必要もないですし、キレイになっていく過程を楽しめます。ですから脱毛の仕組みや、毛周期など色々と知識を深めることをおすすめします。自分の身体に何が起こっているのかをきちんと把握するようにしましょう。