医療脱毛は永久脱毛なのか

医療脱毛は永久脱毛なのか

永久脱毛とは、「一生ずっとむだ毛が生えてこない」ことと思われている方が多いようです。それも無理がありませんよね?永久と聞くと、永遠に・ずっと・一生というイメージですよね。では脱毛の場合はどうなのか見ていきましょう。

 

永久脱毛と言える脱毛方法

一般的に永久脱毛と読んでいいとされている脱毛方法は2種類です。毛穴一つ一つに針を刺して電流を流し、毛乳頭と毛母細胞を破壊する「ニードル脱毛」と、メラニン色素に反応する医療レーザーを照射して、毛乳頭や毛母細胞にダメージを与える「医療レーザー脱毛」です。これらの方法は、脱毛サロンで用いられているフラッシュ脱毛といわれる、ストロボのような光をあてて脱毛する方法より、はるかに効果的で、効果持続期間も長いです。なぜなら、毛の再生を抑制するだけでなく、作り出さないように細胞までアプローチできるからです。特にニードル脱毛は、再生率はほとんどないようです。高い効果が得られると言っても、永久ではありません。そもそも永久脱毛の定義は、「最終脱毛を終えてから1ヶ月後の毛の再生率が20%以下である」となっています。つまりムダ毛が出てきたとしても20%以下なら永久脱毛の効果が出ているとされるのです。一生ムダ毛処理が必要のないツルツル肌になるというイメージからは遠いですよね。20%と言われてもよくわからないとは思いますが、永久脱毛と呼ばれる方法を選んで脱毛したとしても、毛が生えてくることはあると覚悟しておきましょう。

 

効果が持続するのはどれくらい?

毛には、退行期・成長期・休止期と周期があって、脱毛はそのサイクルに沿って行う必要があります。。一回の照射でアプローチできるのが、その時成長期の毛になります。ですから、前回休止期だった毛根が活動を始めた時に、再度ダメージを与える必要があるのです。このサイクルは人や部位によって差がありますが、一回の施術の後、3ヶ月~5ヶ月ほどで新しい毛が生えてきます。ですから毛周期に合わせて照射を繰り返す必要があるのです。平均すると5回~6回施術を繰り返すことによって、脱毛が完了したと感じる仕上がりになります。そしてその状態が4年~5年間は続き、むだ毛処理からも解放されたツルツルのお肌を楽しめます。

 

まとめ

効果が永久ではないと聞いてがっかりされた方もいらっしゃるかもしれませんが、毛が再生してきた時も、毛質も細く毛量数も減るので目立つことはあまりないと思います。そして、生えてきた部分をお手入れするのも短期間でできるので、やはり永久脱毛はおすすめです。