医療脱毛による肌への負担

医療脱毛による肌への負担

医療脱毛はお医者様の施術になるので、肌に負担がないと思い込んでいませんか?もちろん皮膚のことも、脱毛機のことも十分にご存知の医師の施術には安心感があります。しかし、医療脱毛だから大丈夫と任せっきりになるのはよくありません。使用する脱毛機によってはお肌に負担にかかったり、より優しいマシンなど差があるので、しっかり選ぶようにしましょう。

 

医療脱毛の脱毛方法

医療脱毛では、医師か医師の指導の元に看護婦さんが施術をしてくれます。その際「医療レーザー」と呼ばれるレーザー光線を出す器具脱毛を使って範囲を照射し、毛母細胞や毛乳頭にダメージを与えていきます。光をあてるという点では、美容サロンで使うフラッシュ脱毛機と同じ仕組みですが、医療レーザーは、より強い光で、広範囲に奥部までケアすることができます。その分痛みを強く感じたり、お肌が軽い焼けどのような状態になって、赤みを持ったり乾燥したりすることがあります。

 

医療レーザーの種類

医療レーザーと言っても、「ダイオードレーザー」「アレキサンドライトレーザー」「ヤグレーザー」と大きく分けて3種類に分かれます。それぞれのレーザーに特徴があり、肌質や毛質、照射部位によって向き不向きがあります。またクリニックによって、全部揃えている所もあれば、選択肢がない所もあります。お肌に優しいという点では、「ダイオレーザー」がおすすめです。日本人の肌質に合うと言われていて、痛みや肌トラブルが起きにくいのが特徴です。その中でも「ライトシェアヂュエット」は、肌への負担が少ないことで知られています。照射面積も広く、施術時間も短縮できるのに、痛みや肌への負担がない効率的で優しい脱毛機として人気があり、多くのクリニックが使用しています。同じくダイオレーザーを使用している「ソプラノ」は低出力のレーザーを繰り返し照射して、蓄積された熱エネルギーで脱毛するマシンなので、より痛みも少なく、お肌にも優しくなっています。日焼けした肌にも使用できるという特徴があります。「アレキサンドライトレーザー」は、濃いむだ毛にも効くという特徴がありますが、痛みが強いと言うデメリットがあります。「ヤグレーザー」は、前述の2種類のレーザーが出てくる前に使用されていたもので、お肌に負担はないのですが、脱毛効果が低いと言う理由で、今では2番手と言う印象です。

 

まとめ

このように、医療レーザーの種類によって、脱毛効果とお肌への負担に違いがでます。ですからどのレーザーのどのマシンを使用して脱毛の施術をしているのかを、医療脱毛選びの参考にすることができます。一番のおすすめは、ダイオレーザーのマシンを数種類持っているクリニックです。